FC2ブログ
匠工務店 家づくり日記
家づくりの楽しさを、日々の仕事の進捗報告とともにつづります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔ながらの大工道具
稲垣です。今日は大工道具の写真をいくつか見て頂きます。
職人の良し悪しは、現場の整理や道具を見れば大抵解ります。

ノミです。長年使い込まれて刃先が短くなったもの、柄が潰れたために自分で取り替えたもの(薄茶色の2本)もあります。
大工道具1

うちは祖父の代から工務店を営んでおり、私が物心ついた頃から周りには大工道具が身近にありました。
棟梁だった祖父は私にはとても甘く優しいおじいちゃんでしたが、一度私が大工道具を足でまたいでしまった時、本気で叱られた覚えがあります。「道具は大工にとったら命とおんなじぐらい大事なもんなんや」と。
私は確かまだ3、4才だったはずですが、優しい祖父に叱られたショックとともに、その時の言葉は今でも私の心に深く刻みこまれています。

これはノミなどを研ぐ砥石です。
大工道具 新2

さて、これはどんな作業で使用する大工道具か解りますか?
大工道具 新3

私は大人になり、祖父や父と同じ建築の仕事をやり出して次第に、故人となった祖父の言葉の重みが分かるようになりました。「道具が確かだからこそ、間違いない家が建てられる」「道具に助けてもらってメシが食える」「良い道具があるお陰で、お客さんが喜んでくださる」・・・。私も道具は愛情をこめて使い、メンテナンスするようにしています。





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

たくみ太郎

Author:たくみ太郎
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。